読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

台湾物語3

そんなこんなで

台湾へ

 

人生初の外国

高校二年生

スペックは、私(言い換えれな高田純二)(純二に謝れ!)(適当で行き当たりバッタり)

 

あの時は、出発が決まった時がテンションのマックスで

到着した時は、不安しかなかった

 

 

最初にお世話になったお家は

同い歳の女の子とお姉ちゃん弟がいる三兄弟と

お母さんお父さんおじいちゃんがいるお家だった

 

印象に残った出来事は

 

おじいちゃんが流暢な日本語を話していたこと

当時は、最後の砦!

と自分に都合のいいことしか考えてなかったけど

日本語が話せるのは、植民地の名残り

 

現在は親日の台湾

頭が下がるなあ

初めて台湾に行った時から

好きな外国の一つ